ホームページ制作

ホームページの保守は契約すべきか?3つの判断ポイント

ホームページ制作を外注しようとしたときに提示された見積書を見て、多くの方が悩むポイントがあります。それは、「ホームページの保守費用」という項目です。

制作会社にもよりますが、月額で数千~数万円以上の金額が見積もられていることもよくあります。ずっとこの金額がコストとして乗っかってしまうと、本当に契約すべきか悩んでしまいますね。

そんな悩みの種であるホームページの保守について記述したいと思います。

ホームページの保守とは何をしているのか

(注意)
本章の記述としては、前提としてワードプレス(WordPress)と呼ばれるサイト制作の仕組みを採用した場合になります。他の仕組みの場合、内容が異なる可能性があります。

ホームページの保守契約期間では、制作会社は契約に記載された範囲の中で以下の作業をしています。これらの作業をどのように見積もるか、が、保守契約を結ぶかの判断になります。

WordPressの本体のバージョンアップ対応

WordPressはオープンソースであり、日々セキュリティ対策や機能拡張などのアップデートが行われています。また、悪いことを企む人たちもその中身を解析して、脆弱性を探し、ウィルスやアタックを仕掛けたりしています。まさに、いたちごっこの様相を呈しています。

うちみたいな零細会社のホームページなんて大丈夫でしょ、と考えてはいけません。私の所属する団体(月間数千程度のアクセスだと思います)のホームページが乗っ取り被害にあった、ということもあり、かなり身近なトラブルとしてそこにあります。

WordPressのアップデートは、ボタン一つで更新が成功することも多くあります。一方で、手の込んだ複雑なサイトの場合は、ボタン一つではうまくいかないケースもあり得ます。そのため、基本的には以下の作業を行って検証してからバージョンアップを行います。

  • バックアップの取得
  • テスト環境に同様の環境を再現
  • テスト環境でアップデート
  • テスト環境を一通りチェックし、問題が無いことを確認
  • 本番環境のアップデート

想像以上に大変な作業であることが理解いただけると思います。

WordPressのテーマ・プラグインのバージョンアップ対応

WordPressは便利な仕組みで、世の中に様々な制作の効率化をしてくれる機能やテンプレートが存在しています。これらを利用することで、制作時のコストを下げることが可能となります。

一方で、世の中の既存テンプレートや部品(プラグイン)を利用することで、それらも前述のWordPress本体と同様にアップデートが生じることになります。こちらも同じように、ボタン一つで更新することは可能です。ですが、更新がうまくいかずトラブルが生じることもよくあります。

不具合対応とその修正の対応

制作完了後、一定期間は不具合やトラブルが生じた場合に無料でサポート・対応してもらえることもあります。ですが、いつまでも無料で対応してもらえるという訳にはいきません。また、不具合やトラブルが生じたとしてもそこに制作会社側に問題が無いこともよくあります。

例えば、既存システムの仕様変更やレンタルサーバー側の変更、ユーザー側の操作に問題があった、等、色々なケースでトラブルが生じえます。これらの対応を、保守契約を結んでいることで迅速に対処してもらえることになります。

ちょっとしたホームページの修正やカスタマイズ

文字列の変更や画像の差し替えなど、簡単な変更であれば保守契約の範囲内で対応してもらえる可能性もあります。大がかりな変更は別途見積となりますので、余り期待しすぎるのも良くはないところです。

ホームページの保守契約を締結すべきかどうか、判断基準を考えてみる

弊社の基本スタンスとしては、ホームページの保守契約は結ぶべきだと考えています。理由は、セキュリティ対策やトラブルは問題が起こってしまった時の被害が甚大であることから、そのリスクは可能な限り抑えておきましょう、ということです。

ですが、お金が払えないよ、という意見も否定はできません。

そのため、判断ポイントをいくつか挙げてみたいと思います。

判断ポイント①制作システムは何を利用したか

これまではWordPressを採用してサイトを制作した、という前提で記述していましたが、それ以外のサイト制作の仕組みを採用しているケースもよくあります。別のサービスであれば、サービス提供者側が自動的にバージョンアップを行うため、わざわざ手動でアップデートしなくてもいい、という可能性もあります。

具体的には、WixやJimdo、ペライチ、STUDIOなどが挙げられます。

これらのサービスの場合は、システム提供者側である程度のセキュリティを担保してくれています。

判断ポイント②自分たちでバックアップと更新を対応できるか

WordPressの更新やテーマ・プラグインの更新は、バックアップ環境を構築してアップデートをとりあえず試してみる、というだけであれば、プログラムの技術は無くとも実施可能です。

もし更新してみてトラブルが生じた場合に相談できる相手がいるのであれば、自分たちで頑張ってメンテナンスしてみる、というのも選択肢になります。

判断ポイント③内製して情報システム部門を立ち上げるべきか

今、盛んに言われている「DX」。これを進めていくうえでは、IT部門を内製化していきましょうというのがキーワードになっています。それなりの規模の中小企業であれば、情報システム部門を立ち上げることを考えなくてはいけない時代になってきています。

これを機に、情報システムに対する人材を獲得してみる、というのも検討の余地はあるのではないでしょうか。


ホームページの保守契約に対するまとめ

トラブルが起こってからでは遅いため、大きなリスクとなり得るホームページの取り扱いは、もっとしっかり社内で検討すべき事項だと考えています。制作・公開して終わりではなく、その後の対応や取り扱いも含めて制作時にしっかりご検討くださいね。

OTHER NEWS

一覧にもどる