スタッフブログ

報連相をする上で意識するべきこと

今回は報連相をする上で大事だと感じた、「自分にとって都合が良くない事ほど迅速に」ということについて自戒も込めて書いていきたいと思います。

社会人の最低限必須なスキルの一つである、報連相。

まず報連相とは、報告・連絡・相談を総称した言葉です。

報連相の目的を端的に言ってしまえば、組織・チーム内での情報共有をする事で、連携を強化し、スムーズに業務やプロジェクトを遂行していくためです。

報連相を怠る事として、よくやってしまいがちな行動としては

  • 目標未達成など、出来なかった事を報告しない
  • 疑問や分からない事があっても相談をせずに前に進める

このあたりがよくやってしまがちな行動かと思います。

また、これらの共通点は「自分にとって都合が良くない情報」とも言えるかと思います。

ですが、自分がプロジェクト責任者の目線になってみればわかる事ですが、責任者の方が知りたいことは

滞りなく、問題なく円滑にプロジェクトや業務が進んでいるか

ここが最も知りたい情報なはずです。

なので良くない状況の報連相ほど欲しい情報になってきます。

報連相を怠ることで物事が停滞するよりは、問題が発生した場合は予め先に全て共有した上で、解決策を考え、軌道修正していく事がベストだと考えます。

日頃から少し意識して、こまめに報連相を心がけるだけで生産性が変わってくると思うので、是非皆さんも意識してみて下さい。

OTHER NEWS

一覧にもどる