補助金助成金

「成長型中小企業等研究開発支援事業」(旧サポイン事業)の公募に関する事前予告

旧サポイン事業(Go-Tech事業)公募の事前広告

本事業は、令和4年度予算の成立を前提としており、事業実施には当該予算の国会での可決・成立が必要となるため、まだ本記事執筆時点では確定ではありません。

Go-Tech事業(旧サポイン事業)対象事業

中小企業等が、ものづくり基盤技術及びサービスの高度化に向けて、大学・公設試等と連携して行う研究開発等が支援対象となります。

具体的には、「中小企業の特定ものづくり基盤技術及びサービスの高度化等に関する指針」(以下、「高度化指針」という。)を踏まえた研究開発等が支援対象になります。同指針は令和4年2月中旬頃に改正される予定となっており、現時点での高度化指針は参考程度に確認ください。

中小企業の特定ものづくり基盤技術の高度化に関する指針

Go-Tech事業(旧サポイン事業)申請枠

申請に際しては、以下2つの枠のいずれかを選択することができます。

(1) 通常枠

中小企業者等が大学・公設試等と連携し、高度化指針を踏まえて行う研究開発を支援する枠

(2) 出資獲得枠

高度化指針を踏まえて研究開発等を行う中小企業者等であって、補助事業開始(初年度交付決定日)から補助事業終了後1年までの間に、当該研究開発プロジェクトに関し、ファンド等の出資者からの出資を受けることが見込まれる事業者を支援する枠

補助事業期間・補助上限額等

1. 補助事業期間

2年度又は3年度

2. 補助率

(1) 中小企業者等(補助率:2/3以内)(2) 大学・公設試等(補助率:定額)※定額補助の者(2)に関しては補助金総額の1/3以下であることが必要

※大学・公設試等が事業管理機関として共同体に参加している場合に限り定額(ただし、補助率2/3が適用される場合がある(注1))

注1 通常枠については、事業管理機関である場合は、300万円まで定額とし、それ以上については、採択審査委員会(注2)において高い評価を受けた上位50%については定額とし、下位50%については補助率2/3以内を適用する。研究等実施機関である場合は、補助金額の1/6まで定額とし、それ以上については、採択審査委員会(注2)において高い評価を受けた上位50%については定額とし、下位50%については補助率2/3以内を適用する。出資獲得枠については別途公募要領にて公表されます。

注2 2年目及び3年目については中間評価の結果によることとする。

3. 補助金額(上限額)

(1) 通常枠:

単年度あたり4,500万円以下
2年間合計で7,500万円以下
3年間合計で9,750万円以下

(2) 出資獲得枠:

単年度あたり1億円以下
2年間合計で2億円以下
3年間合計で3億円以下

ただし、補助上限額はファンド等が出資を予定している金額の2倍を上限とする。

公募期間

令和4年2月頃~令和4年4月下旬頃(予定)

採択想定件数

通常枠:100件程度、出資獲得枠:5~10件程度(予定)


弊社TenCy株式会社においても、システム開発・制作とセットで事業再構築補助金の申請をサポートしています。新規事業を立ち上げたい方、コロナ禍において業態転換を検討したい方は、ぜひご相談ください。

OTHER NEWS

一覧にもどる