動画を活用したPRのメリット

広告というと折り込みチラシや商業施設で配られているものなど以前は紙媒体が主流でしたが、近年特にSNSを中心にYouTubeやTiktokなど、現代ではテレビではなく動画を見る機会も増えました。

このため、動画を活用した広告も急速に普及しています。動画広告の現状を抑えつつ、動画広告の活用メリットについて触れたいと思います。

動画広告市場の動向

株式会社サイバーエージェントの調査によると、動画広告市場は2021年には4,195億円、昨年対比142%となり今後も拡大が見込まれています。

引用元 ㈱サイバーエージェント 2021年国内動画広告の市場調査

業種や規模の大小問わず動画広告を出稿した動きや、ユーザー側のスマートフォン、PCなどからシームレスに動画視聴をすることが当たり前になってきました。

今後も高い成長率で推移する市場と言われています。

動画広告のメリット

①視覚と聴覚で見ることができ、効果的に記憶に残る

目と耳で捉えることができるため、短時間でも印象に残ることができます。また、動きがあることで、続きの興味を引くことも可能です。

②SNSを通じた拡散力があり、広がり方も早い

SNSを通してシェアされると、シェアした友人を通じてターゲットに近い層の周辺にアプローチすることも可能です。

③低予算からでも始められる

SNSを通じた広告では出稿料をある程度設定することができ、比較的低予算からでも始められます。

④表示回数や視聴回数など効果検証がしやすい

どのくらい表示され、どのくらい視聴されると購入に繋がるのか、数値で管理することができます。とはいえ、闇雲に動画を作っていても、効果的とはいえません。動画広告を作る際のポイントも押さえておく必要があります。

動画広告制作のポイント

①何のために行うのか、目的と目標を明確化する

成果を上げるという点ではもちろんですが、市場が激化しつつある昨今、トライアルを繰り返しながら、分析していくことも重要です。

定量、定性的に目標に取り組み、

②ターゲットを明確にする

SNSが多様化しつつありますが、ユーザー数などには特徴があります。自社の商品・サービスのターゲットを明確にしつつ、ターゲットの興味をひく内容の動画を制作する必要があります。

写真だけでなく、イラストを使うのも効果的です。

媒体の特徴を理解し、アプローチする

媒体によって再生されやすい動画にも特徴があります。そういった点を踏まえつつ、動画の尺を決めたり、自社の商品・サービスとの相性なども見極めることが大切です。

動画制作の費用が補助されるとなる補助金もあります

こちらの記事では、動画制作費用が補助対象となる補助金の制度を一覧で紹介しています。

ぜひ、ご一読ください。


効果的に動きのあるPRを

広告に限らず企業のホームページでも動画が掲載されていることが当たり前になってきました。自社、商品やサービスの魅力をより打ち出すために「動きのあるPR」を検討してみてはいかがでしょうか。

弊社では、効果的なデザインやイラストを用いた動画の制作を、補助金などの支援制度とセットでご提案が可能です。お困りでしたらお気軽にご相談ください。

OTHER NEWS


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/tanakatax/tency.co.jp/public_html/wp-content/themes/tency/single-news.php on line 58
一覧にもどる